WordPressテーマ「MIKADO」TCD071の評判・評価・口コミ【有料日本語ワードプレステンプレート】

WordPressテーマ「MIKADO」TCD071の評判・評価・口コミ【有料日本語ワードプレステンプレート】

大人気の日本語ワードプレステーマ、TCD071(MIKADO)の解説・レビュー

世の中に有料ブログテーマはいくつも販売されており、たくさんのブログ運営者が活用している。無料テーマではどうしても補えない素晴らしい性能が幾多も存在するからだ。

今回はその中でも有名な株式会社デザインプラスの提供する有料WordPressテーマTCD071(MIKADO)について評価していく。口コミや評判を交えつつ、機能面や購入価格などを解説していくので参考になれば幸いだ。

「MIKADO」TCD071の購入はコチラ【公式】


WordPressテーマ「MIKADO」TCD071について

「MKADO」TCD071の概要

TCD公式より「MIKADO」TCD071の概要や機能面をご紹介致します。

世界でもっとも美しく、神秘的で荘厳な文化や伝統が日本には数多く残されています。
その一つが「神道」です。自然と人が調和した素晴らしき神道のこころは
今も多様な文化や伝統の花を咲かせ続けています。

そうした世界にも類まれなる日本文化の美しさを表現するには
言うまでもなく西洋式のウェブサイトでは足らず、縦書きや明朝体にすればいいものでもなく、
決して容易に創造できるものではありません。

日本文化のシンプルでいて荘厳なただずまい、独特な余白の表現。
そうした日本文化への理解と敬うこころを吹き込み、
創造されたのがWordPressテーマ「MIKADO(ミカド)」です。

神社に限定せず、日本文化全般にご活用頂きたく思っています。

引用:https://design-plus1.com/tcd-w/tcd071

日本文化に限定した観光名所やアクティビティ、ご当地の食べ物などを紹介する際に最適なテーマだ。日本人向けだけでなく、外国人観光客(インバウンド)に向けて外国語で発信することも可能なためインバウンド参入にも役立つだろう。

また、サイト作成初心者でも簡単に、オリジナリティ溢れるサイトを作れるよう様々な技術が搭載されている。シンプルなのに日本文化の高貴さを感じられる、とてつもなく洗礼されたデザインは訪問者のの心を釘付けにする。

「MIKADO」TCD071の特徴

wordpress-theme-mikado-tcd071_ファーストビュー

WordPressテーマ「MIKADO」TCD071は、日本文化を発信する際に最適な美しさが象徴のテーマ

取り急ぎ、まずはMIKADO(TCD071)のデモページをみていただきたい。
WordPressテーマMIKADO(TCD071)のデモページを確認する

サイトを開いた瞬間に表示されるトップページヘッダーには静止画や動画、音楽までが設定可能だ。縦書きの文章も追加可能で、そのヘッダー単体が訪問者に与える衝撃と感動は計り知れないものだろう。

下にスクロールしていくにつれ縦書きと横書きの文章が交互に折り重なっていくが、何も違和感はなくむしろ綺麗に整頓されている感覚さえ与える。

また、スマホ対応サイトで見てもヘッダーや文章構成の洗礼さは全く変わらない。パソコンと比較しても全く遜色のないほどに美しく、発信力があるというのは常にスマホを持って歩く観光客をターゲットにしたサイトを作成したい運営者にとって嬉しいポイントだろう。

活用できるサイトは多岐にわたる

一概に「日本文化」と言っても、具体的にどのような事柄の紹介に活用できるのだろうか。

デモサイトのような神社やお寺といった日本文化を象徴する建物はもちろん、伝統工芸やお祭り、和菓子やご当地フード、観光名所にある施設のアクティビティの紹介、など様々な例が思い浮かぶ。

京都や石川など、日本古風の街並みが残る場所であれば市区町村サイトとしても利用可能だろう。マップなどを準備し、ここではこのような体験ができ、ここではこのような食べ物が味わえる、などインバウンドアウトバンド関わらず、観光客向けのサイトはとても重宝されるはずだ。

どんな内容のサイトでも、運営者が伝えたい日本文化の「美しさ」がこのテーマによって引き出され、訴求力あるサイトとなるだろう。

「MIKADO」TCD071の機能詳細

このテーマの特徴的なところと言えば日本文化の美しさを伝えるために設計された煌びやかなデザインだが、それ以外にもサイト作成者にとって嬉しい点がたくさんある。

一つはこのような趣旨のサイトには欠かせない、「歴史」や「スケジュール」、「イベント」などの専用フォーマットが実装されている点だ。デザインやレイアウトはすでに完成しているため、画像と文章を選定するだけで簡単に作成できてしまう。

二つ目は「神前結婚式」や「参拝」と言った特殊行事のテンプレートが備わっている点だ。しかし「テンプレート」といってもオリジナリティを損なわないよう、必要最低限のフォーマットのみが準備されており、あとは自分で自由に構成や内容を練ることが可能なのである。

その際に専門技術は全くもって必要なく、難しいプログラミング技術が必要とされているHTMLタグをたったのワンクリックでかけてしまう「クイックタグ」や、テーブルなどのオリジナルコンテンツを作成する際に役立つ「ページビルダー」などの機能を全面的に使用すれば簡単に独自のコンテンツが作成可能だ。

  1. トップページヒーローヘッダースライダー(静止画、MP4、Youtube)
  2. 自由度の高いトップページ構成を可能にするコンテンツビルダー
  3. 他言語サイトへのリンクを表示できるマルチ言語設定機能
  4. 縦書き対応のトップヘッダーメニュー
  5. 見出しに表示する神紋・寺紋エレメント画像設定機能
  6. 動画対応のフッターPRコンテンツ
  7. 2タイプのイメージ画像付きメガメニューに対応したグローバルメニュー
  8. バナー表示に対応したモバイル用ドロワーメニュー
  9. レイアウトの異なる3タイプの固定ページテンプレート
  10. 時短でテーマの着せ替えを可能にするテーマオプション管理
  11. ロゴ画像も表示可能なGoogleマップカスタムピンマーカー
  12. 会員獲得に有効なデザインされた保護ページ
  13. 直感的操作で記事が作成できるページビルダー機能
  14. レティナディスプレイに対応したロゴアップロード機能
  15. 記事下の関連記事、プロフィール情報表示機能
  16. ローディング画面の設定機能(ロード画面の有無の選択)
  17. 絵文字関連の読み込み設定(ページの表示速度を改善)
  18. カスタムCSS
  19. ファビコン設定
  20. 一括で配色を変更できるカスタムカラー機能(メイン・サブ・文字色)
  21. 各種要素ごとのフォントサイズ変更機能(見出し、本文)
  22. アイキャッチサイズ一括調整プラグイン対応(regenerate thumbnails)
  23. microdata形式の構造化マークアップを適用したパンくずリスト
  24. 管理画面の多言語対応(日本語、英語)
  25. レスポンシブ対応(PC、タブレット・ミニタブレット・スマホ)
  26. ページ左右に任意のテキスト、リンクを表示できるフレームメニュー
  27. SNSボタン4タイプ(Twitter、Facebook、Instagram、Pinterest)
  28. Facebook OGP・Twitter Cards機能
  29. フォント(メイリオ、游ゴシック、游明朝)変更機能
  30. サイドバーの左右を自由に入れ替えできるカラム左右変更機能
  31. 404ページのカスタマイズ機能
  32. スマホ専用フッターバー
  33. 広告スペース管理機能(アップロード・入替え)
  34. カスタム投稿タイプ「歴史」
  35. カスタム投稿タイプ「スケジュール」
  36. カスタム投稿タイプ「イベント」
  37. カスタム投稿タイプ「お知らせ」
  38. カスタム投稿タイプ「FAQ」
  39. オリジナルウィジェット「デザインされた記事一覧」
  40. オリジナルウィジェット「イベントリスト」
  41. オリジナルウィジェット「スケジュールリストスライダー」
  42. オリジナルウィジェット「Googleカスタム検索」
  43. オリジナルウィジェット「アーカイブ一覧」
  44. オリジナルウィジェット「カテゴリー一覧」
  45. オリジナルウィジェット「広告(ランダム表示機能)」
  46. ページごとに「meta title」「meta description」が設定できるSEO強化
  47. 日付・カテゴリ・タグ・投稿者名・コメント・SNSボタン表示選択機能

引用:https://design-plus1.com/tcd-w/tcd071


TCD071(MIKADO)の購入価格・料金

TCD071(MIKADO)の販売価格は33,800円(税込)だ。

WordPressの有料テンプレートの相場は10,000-15,000円程度のため、平均よりかなり高めの値段設定といえるが、日本文化の象徴専用のデザイン性や初心者でも簡単にオリジナリティ溢れるサイト作成が可能な操作性を加味するとごく当然の値段だといえる。

初心者には少し手を出しづらい価格設定だが、それ以上に成果が期待できるテーマゆえに一度勇気を出して購入することをおすすめする。

提供内容 WordPressテーマ 一式
ダウンロードサイト(解説マニュアル、Q&A集)
価格 33,800円(税込)

「MIKADO」TCD071の購入はコチラ【公式】


デザインが良いだけじゃNG!!「MIKADO」TCD071はSEOに強いのか?

「MIKADO」TCD071はSEO内部対策済みでGoogle検索上位も狙える

「MIKADO」TCD071に限った話ではないが、TCDの提供するWordPressテーマは、デザインや機能性に優れているだけでなく、基本的なSEO内部対策が加味されている。
他社の有料WordPressテーマの中には、デザインは良いけど、パンくずリストがなかったり、サイト表示速度が遅いといったSEO的な観点が欠落しているケースも稀に見受けられるが「MIKADO」TCD071については、そのような心配はないのでご安心いただきたい。

項目 実装有無
titleタグ設定 ◎:可能
meta descriptionタグ設定 ◎:可能
パンくずリスト ◎:有り
スマホ・レスポンシブ対応 ◎:対応
サイト表示スピード 早い:平均0.4~0.9秒
※デモサイトで計測

実際に使ってみた!!「MIKADO」TCD071はどんな人におすすめ??

購入をおすすめできる方

  • 国籍問わずたくさんの人に日本文化の素晴らしさを知って欲しい方
  • 観光地の歴史的建物の管理をされている方
  • 伝統工芸や和菓子作成などに携わっている方
  • サイト作成初心者の方

購入をおすすめできない方

  • かなり高額なため金銭的に余裕がない方
  • プログラミング技術などを持っていて、オリジナリティ溢れるサイトが作りたくテンプレートなどが必要ない方
  • 日本文化に関連のないサイトを作りたい方

MIKADO(TCD071)の口コミ・評判

「MIKADO」TCD071に関する口コミをTwitterから拝借。
ブランディングに長けているWordPressテーマという言及がされている。


結論:「MIKADO」TCD071は日本文化で人を魅了するサイトを作りたい方におすすめ

ここまで日本文化を象徴する美しさとシンプルさを併せ持ち、安っぽさを感じさせない考え抜かれたデザインのテーマはなかなかない。

初心者でもオリジナリティ溢れるサイト作成が可能なように、たくさんの便利機能やテンプレート機能が搭載されているため、それらを駆使しながら様々な事柄に活用していただきたい。上記で紹介したもの以外にも活用できる場所はいくつもあるだろう。

いずれ英語以外にも中国語、韓国語、フランス語、スペイン語など多言語に対応していくことでもっとグローバルなサイトを作ることも可能だ。他の「和風」だけを象徴としたどこか物足りないようなサイトではなく、厳かであり叙情的な雰囲気とともに日本文化を継承していきたい方はこの機会に是非挑戦してみて欲しい。

「MIKADO」TCD071の購入はコチラ【公式】

WordPressテーマTCDシリーズ一覧【有料日本語ワードプレステンプレート】
TCD080 haku
TCD079 ego TCD078 force TCD077 heal TCD076 be
TCD075 every TCD074 fake TCD073 glamour TCD072 noel TCD071 mikado
TCD070 numero TCD069 toki TCD068 rock TCD067 zoomy TCD066 diva
TCD065 nano TCD064 famous TCD063 switch TCD062 iconic TCD061 one
TCD060 avant TCD059 agenda TCD058 rumble TCD057 birth TCD056 kadan
TCD055 zero TCD054 beauty TCD053 bloom TCD052 styly TCD051 vogue
TCD050 gensen TCD018 opinion