オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化【スターバックスも敗北・撤退】

オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化【スターバックスも敗北・撤退】

実はコーヒー大国オーストラリア

オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化_国旗と海

コーヒーといえばイタリア、カフェが多い街といえばフランスのパリなどをイメージする人が多いと思いますが、実はオーストラリアの人たちも大がつくほどのコーヒー好きで、コーヒーのレベルは世界でもトップクラスです。
しかもあのスターバックスも敗北・撤退するほどの、根強い独自のコーヒー・カフェ文化を持っています。

この記事では、オーストラリアでコーヒーがどのように親しまれているか、日本と異なるオーストラリア独自のカフェメニュー、カスタマイズオーダーの文化をご紹介していきます。


オーストラリアのコーヒー文化の歴史

オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化_オーストラリアの国の形

オーストラリアは紅茶で有名な国イギリスの植民地だった歴史がありますが、意外にもコーヒーやカフェの文化が非常に発展しています。

オーストラリアのコーヒー文化は、1950年代にヨーロッパ系の移民が持ち込んだことに始まり、徐々に家庭でもコーヒーが飲まれるようになりました。
1980年代になるとイタリア系の移民が国内に続々とカフェをオープンし、コーヒーを飲める場が増加。
2000年のシドニーオリンピックをきっかけにカフェのテラス席の設置が認められると、ビーチが近く外でのんびりするのが好きなライフスタイルにマッチして、カフェの人気が高まり数もどんどん増加していったのです。


スタバも撤退、オーストラリア独自のカフェ文化

オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化_豆

オーストラリアのカフェの数はパリよりも多いと言われており、シドニーやメルボルンなどの都市には至る所に小さなカフェがあります。
お店は朝からコーヒーを買う人で行列し、皆コーヒーを片手に通勤通学します。
どのお店にもオーナーの個性があり自店舗でコーヒー豆を焙煎するカフェ、食事もできるカフェレストラン、内装が目を引くお洒落なカフェなどこだわりはさまざま。
メニューもオリジナリティにあふれ、どのお店でもレベルの高い美味しいコーヒーを飲むことができます。

世界最大のコーヒチェーン店スターバックスは2000年にシドニーにオーストラリア初の店舗をオープンし、約90店舗まで数を増やしました。
しかしオーストラリア独自のコーヒー文化には長い間苦戦し、2008年までに約60店舗を閉店。
残りの店舗も地元企業に売却し、事実上撤退となりました。
オーストラリアには星の数ほどカフェがあり、しかもどのお店でも美味しいコーヒーが飲めるため海外チェーンのスターバックスに行く必要が無かったのかもしれません。

オーストラリアではコーヒー1杯は300円~400円。
朝、昼、仕事の合間、仕事が終わった後と一日何回もコーヒーを飲む人が少なくありません。
オーストラリアにはカフェ文化が根付き、なくてはならない存在になっているのです。


オーストラリア独自のカフェメニュー

オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化_カフェラテ

オーストラリアのコーヒーメニューは多種多様で、日本とは異なる独自のものも多いため注文するときは戸惑ってしまうかも知れません。
「コーヒー」と注文すると「何のコーヒー?」と聞き返されますので、カフェを訪れる予定があれば予習しておくといいですよ。

オーストラリアのコーヒーは大きく分けると
ブラック:ミルク無しのコーヒー
ホワイト:ミルク入りのコーヒー
の2種類です。
それぞれにいくつかの種類がありますので、ご紹介していきます。

【ブラック】

ショートブラック

日本でいうエスプレッソ。
デミタスカップという小さなカップで出てきます。
このショートブラックがオーストラリアのすべてのコーヒーのベースになります。

ロングブラック

エスプレッソをお湯で薄めたもの。
普通のブラックコーヒーが飲みたい場合は、ロングブラックが一番近いです。
日本でいうアメリカンですが、アメリカンはエスプレッソを先に注いでからお湯を入れるのに対し、ロングブラックはお湯を先に入れてからエスプレッソを注ぎます。
後からエスプレッソを入れることで「クレマ」という表面の細かい泡が残り、味が強くなると言われています。

【ホワイト】

ホワイトコーヒーにはミルクが入っていますが、ミルクにはスチームミルクとフォームミルクの2種類があります。
スチームミルク:温めたミルク
フォームミルク:泡立てたミルク
入れるミルクの状態と割合で、コーヒーの名前が変わってきます。

カフェラテ

エスプレッソ・スチームミルク・フォームミルクを2:7:1くらいの割合で合わせたもの。
口当たりが滑らかで苦みも少ない。
オーストラリアで一番多く注文されるのがカフェラテです。

カプチーノ

エスプレッソ・スチームミルク・フォームミルクを1:1:1の割合で合わせたもの。
カフェラテよりもミルクのフワフワした泡感が楽しめ、上にチョコレートパウダーがかかっていて甘みが強いのが特徴です。

フラットホワイト

エスプレッソにスチームミルクを注いだもの。
オーストラリアとニュージーランドのみで飲まれているコーヒーです。
カフェラテにかなり似ていますが、ラテより泡のない(フラットな)ミルクを使っており、ミルク入りのコーヒーといった風味です。

※カフェラテ、カプチーノ、フラットホワイトはどれもエスプレッソに温めたミルクを加えたものですが、泡の量が
カプチーノ>カフェラテ>フラットホワイト
となります。

マキアート

エスプレッソにフォームミルクをほんの少量乗せたもの。
マキアートというと甘いコーヒーをイメージしますが、ショートブラックに近い味でとても苦いです。

カフェモカ

エスプレッソ、スチームミルクにチョコレートソースを合わせたもの。
上にフォームミルクやホイップクリームが乗っており、甘いです。

アイスコーヒー

エスプレッソに冷たいミルクを注ぎ、アイスクリームを乗せたもの。
いわばコーヒーフロートで、日本でいうアイスコーヒーとは全く別物です。
冷たいコーヒーが飲みたい場合は「アイスロングブラック」とオーダーします。


こだわりのカスタマイズオーダー

オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化_カップに入ったコーヒー豆

日本のカフェで注文する場合、メニューに書いてある商品をそのまま頼むのが普通ですよね。
しかしオーストラリアでは、コーヒーを自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。
しかもかなり細かくカスタマイズできるのです。

【可能なカスタマイズ】

  • エスプレッソの量の多め・少なめ
  • ミルクの種類
    フルクリームミルク(普通の牛乳)
    スキムミルク(低脂肪乳)
    ソイミルク(豆乳)
    アーモンドミルク
  • ミルクの泡の多め・少なめ
  • 砂糖の量
  • 砂糖の種類
    白砂糖
    ブラウンシュガー
    ノンカロリーシュガー
  • コーヒーの温度の熱め、ぬるめ
  • パウダー多め、少な目
    etc…

お客さんはこれらを組み合わせて、自分好みのコーヒーにカスタマイズします。
注文を受ける側は大変そうですが、どこのカフェでもこのカスタマイズオーダーが可能なのです。
オーストラリア人のコーヒーに対するこだわりと熱量が、独自のカフェスタイルを生み出しているといえますね。


まとめ

オーストラリア独自のコーヒー・カフェ文化_美味しそうなコーヒー

オーストラリア人は自国のコーヒー文化にとても誇りを持っており、実際コーヒーのレベルはとても高いものとなっています。
それぞれのカフェが自信をもって味で勝負しているのは、とてもかっこいいですよね。
最後に内容をまとめてみましょう。

  • オーストラリアには街の至るところにカフェがあり、どの店でもオリジナリティ溢れるレベルの高いコーヒーが飲める
  • イタリア系の移民がコーヒー文化をもたらし、カフェテラスがオーストラリア人のライフスタイルとマッチして発展していった
  • カフェでは自分の好みに合わせた様々なカスタマイズオーダーが可能
  • オーストラリア人のコーヒー愛とこだわりが、独自のメニューやカフェ文化を生んだ

オーストラリアを訪れた際は、ぜひオーストラリア人のコーヒー熱を体感してみてください。
オーストラリア旅行においてお洒落なカフェ巡りは、観光スポット巡りと同じくらい楽しめるはずです。
日本のコーヒーが物足りなく感じるほどのコーヒーに、出会えるかも知れませんよ。