将来…10年後に消える職業・食えない仕事・潰れる業界や会社【進むIT化にAI・人工知能の発達】

将来…10年後に消える職業・食えない仕事・潰れる業界や会社【進むIT化にAI・人工知能の発達】

人間の仕事はAI・人工知能がするものに変わっていく?

AIと人工知能で10年後に消える職業_ロボット

高度な人工知能が発展して人間とロボットが共存する世界はSFでは定番のものです。
そして、現代社会そのSFのような技術が夢ではないほど次々と新しいものが作られています。

ただ、技術の発展は私たちの生活を豊かにする一方で、今の私たちの生活をがらりと変えてしまうものでもあります。

そんな中で一番懸念されていることがAI・人工知能によって人の仕事が奪われてしまうことです。

それによって消えてしまう職業や業界も出てくるのではないかと予測されているものですが、果たしてそれは真実なのでしょうか?


10年後に「消える」「潰れる」「稼げない」「食えない」「衰退する」と言われる職業や業界とその理由

AIと人工知能で10年後に消える職業_自動オペレーター

まずは10年後に消えると言われている職業の一覧を見ていきましょう。

  • 店舗の販売員・店員
  • 受付・案内業務
  • 銀行員
  • 電話オペレーター、コールセンター
  • クレカ・保険の査定
  • 測定・データ入力などのルーチン業務作業
  • 一般事務職員(見積もりや請求書作成)
  • 経理職
  • 営業、セールマン(消えることはないが人員削減の可能性は高い)
  • スポーツの審判

これらは一例ではありますが、AI・人工知能が進んだ際には消えてしまう職業と言われるものです。

高度なAI・人工知能が完成すればお金に関する計算やスポーツでの細かな判定を人間よりも正確で早く結果を出すことができ、操作をする人を要しないものになります。

また、接客作業においても様々なパターンを学習できれば、電話口でのクレーム対応やお客様の案内や誘導もすることが可能になると言われています。

身近な一例としてはスーパーやコンビニに導入されているセルフレジで、自分で読み取りをする必要はありますが、会計から支払いまで販売員を介さずできるものです。
使い方に慣れていない人がいても監視する人を一人付ければ多くのレジに販売員を使うよりも人件費は少なくなります。

そのようなものが世間一般に受け入れられていけば上記の職業をしている人が消えてしまう可能性は嘘とは言い切れないものです。


現実的にはまだまだ先?10年後でも変わらない課題

AIと人工知能で10年後に消える職業_脳

AIに仕事が奪われる未来は2010年代に入ってかよく言われるようになっていますが、実際にはいつ見ても10年後、20年後と書かれていて、なかなか進んでいないと感じる人もいるかもしれません。

AI・人工知能が活躍するために課題はまだまだ多く残っています。

完全な自動化と安全化

人からAI・人工知能に切り替えるためには完全な自動化と安全化が絶対条件になっています。

AI・人工知能だけになった場合、いざという時に故障してしまったり、システムとして対応できない事態が発生すると仕事や営業を止めざるを得ないことになります。
接客をするAI・人工知能が実践されても想定外のクレームを考えることができなければ意味がないものです。

そのような不測の事態に対しては人が考えて対応する方が滞りなくできるという面があります。

ロボットや機械に関する費用

AI・人工知能を搭載したロボットや機械が完成して導入すれば、確かに人件費を削減することは可能です。

しかし、そのロボットを導入するための費用は高性能になればなるほど値段は高くなっていきます。
普段使っている電化製品から見てもそれは明白であり、そうなると初期投資がしっかりできる企業や会社だけが人に代わるAI・人工知能を使えない状況になってしまいます。

また、ロボットや機械にはメンテナンスも必要になるので、そこでも費用は発生するものです。

もし、AI・人工知能が発展したとしても切り替わりのタイミングで人を完全に切れるところはあまり多くない可能性があります。


AI・人工知能が発展しても安心して働ける職業はあるのか?

現実的にAI・人工知能が広まるには10年後とはっきり断定できるわけではありませんが、それでも改良や廉価版などが出回るようになれば世界的にAI・人工知能の時代が来る可能性はあります。

では、そんな時代が来たとしても安心して働ける職業は存在するのでしょうか?

答えとしてはどれも必ず安心というわけではありません。
身近な職業で機械を使っていないものの方が少ないのはわかりやすいものです。

そんな中でも消えないとされるのは内科医や心理カウンセラーなど医療系の分野とエンジニアだと言われています。

医療系でも手術を補助する機会やAI・人工知能による診断といった技術は入ってきているものです。
ただ、実際に触診しなければ見つからない病気や人と話すことでメンタルのケアに繋がることから医療に携わる人は今後も必要とされていくという見方をされています。

一方、エンジニアはAI・人工知能が発展することで需要が大きく高まる可能性があるとされています。


まとめ:「誰でもできる仕事」や「毎日同じルーチン作業」は不要になる時代が近い、開発エンジニアはニーズが高い

AIと人工知能で10年後に消える職業_Aiのイメージ

最後に今回のまとめをしていきます。

  • 10年後になくなるのは接客や会計などの職業である
  • AI・人工知能に頼る場合は完全な自動化と機械を動かすための費用が必要である
  • 医療系やエンジニアは将来的にもなくならず、数ある職種の中でも将来性有り

SFのような世界は10年でなくとも近づいてきているものです。

ただ、人だからこそできることもあるのでいきなり業界が潰れて、食べられなくなるかと言われると、AI・人工知能に移行するまでの時間がかかると予測されます。

今後も最新技術に目を通しながらどのような未来になるか考えてみてください。