女性一人の台湾旅行を満喫できるおすすめの朝活【モーニング・朝イチでできること】

女性一人の台湾旅行を満喫できるおすすめの朝活【モーニング・朝イチでできること】

台湾を満喫するなら朝から行動するのがおすすめ!

女性一人の台湾旅行_台湾の国旗

タピオカの流行で前以上に旅行先として注目されている台湾。
旅行の際には女性一人でも行きたいという人が多くいるものです。

そんな台湾旅行では宿泊する場合は翌日の朝から行動することがおすすめです。
それは台湾の朝は日本よりも活発なことが理由になっています。

今回はそんな女性一人の台湾旅行でもできる朝活のおすすめを紹介していきます。


雙連朝市で朝から地元グルメ三昧!

女性一人の台湾旅行_小籠包

台湾の朝活として最もおすすめできるのは早朝から開かれる朝市です。
台湾では朝から活動的な人が多く、それに合わせるように様々な場所で朝市が活発に行われています。
反対に昼前や遅くても15時頃には市場を止めるところもあるので、朝活すべきものになのです。

そして、その中でも一番有名なのは雙連(そうれん)朝市で、200メートルほどの長さで様々な出店が並んでいます。
朝市は各地にありますが、どこへ行くか迷う場合はこの雙連朝市に行くのがおすすめです。

新鮮で珍しい食材

朝市では新鮮な野菜やフルーツ、肉や魚介が並んでおり、それらを使った地元ならではのグルメを楽しむことができるので、食べ歩きをしながら楽しめるものです。
お値段もリーズナブルものが多く、小分けにして食べれば様々なグルメが味わえます。

また、売られている食材の中には日本ではあまり見ない野菜やフルーツを目にすることができます。
日本へ持って帰ることはできませんが、お店に許可を取って撮影できればインスタ映えするものが多いです。

台湾文化がわかる雑貨

朝市では食材以外にも衣服や靴のファッションや小物を売る雑貨のお店も並んでいます。
売られているものは現在の台湾の流行や文化を感じられるものになっています。
朝食だけでなく、お土産の確保もできる場所なのです。

このように雙連朝市を含む朝市はその場だけで濃い時間を過ごせるので朝活におすすめなのです。


落ち着いた雰囲気の公園でリラックスした散歩を

台湾は朝市が中心的に行われる一方で、街中のお店や観光地に関しては午前9時以降の開店や開場になっています。
ただ、台湾には自然公園や森林公園が多くあり、そこは早朝から開放されることが多いものです。

そこでおすすめできる朝活は散歩になります。
朝市の賑わいと比べると落ち着いた空気の中、ゆったりとした散歩が楽しめるものです。

先ほど紹介した雙連朝市の傍にも自然公園があるので、地元グルメでお腹を満たした後は、散歩で腹ごなしをするといったコースを取ることができます。


旅の疲れを足つぼマッサージで解消!

台湾では足つぼマッサージが有名なことは広く知られています。
そんな足つぼマッサージは24時間営業をしているお店や早朝から開いているお店があるので、朝活としても最適なものになっています。
前日の疲れを癒したり、先に挙げた散歩の後にやったりすれば気持ちよくその後の行動ができるものです。
時間としては短いものは30~40分で済むので、忙しい場合も使いやすくなっています。

時間に余裕がある場合でも足つぼマッサージが初めての場合は慣れていない分痛く感じてしまうので、短い時間を選ぶことをおすすめします。

少しの時間で台湾の女性の美脚の秘訣が体験できるので、帰国の前に体験してみてください。


まとめ

女性一人の台湾旅行_ランタン

今回の女性一人でできる台湾旅行の朝活についてまとめていきます。

  • 早朝から行われる朝市は新鮮な食材で作られる地元グルメや台湾文化のわかる雑貨を楽しめる
  • 自然公園が多いので、落ち着いた雰囲気の散歩がしやすい
  • 足つぼマッサージも早朝からやっている場合が多いので、朝から疲れを癒せる

一泊する場合でも朝のうちに帰ってしまう方がいるかもしれませんが、台湾が最も賑わう時間帯の朝はやはり楽しんで貰いたいものです。

台湾旅行を計画の際は帰りをお昼頃に設定して、ぜひ朝市を楽しんでみてください。