タイ・プーケットでサーフトリップ【波乗り・サーフィン】

タイ・プーケットでサーフトリップ【波乗り・サーフィン】

タイでサーフィンができるおすすめのエリアを解説

タイ・プーケットでサーフトリップ_波乗りサーフィン_国旗

タイは、タイ湾とアンダマン海に面していて数多くのサーフポイントも存在します。
今回は、バンコク情報から始まり、タイ全体のサーフポイントの情報を掲載していきたいと思います。
交通の便としては、日本と比べてだいぶ安いので、気軽にタクシーや高速が使えます。
ドンムアン空港から外に出ると、タクシー・ホテルまで直行できる大型車などが待機しています。
ビーチまではちょっと距離があるため、タクシーや車、バスなどを使う必要があります。
ローカルバスで移動するならば、地元住民に聞けば、どれに乗ったらいいた尋ねたら答えてくれることが多いと思います。
タイで、サーフィン出来る場所として有名なのは、プーケットです。
でも本当は、プーケットだけに限らず他にもございます。
そんなおすすめのサーフエリアを、ご紹介していきます。


バンコク付近のエリアは、サーフポイントが存在しない?

バンコク付近の地域には、タイ湾沿いに沿ったビーチがあり、車で行くなら2時間程度で移動可能です。
他には、ラヨーンからトラートまでの間がサーフィン可能といわれていますが、実際にサーフィンができることは少ないです。
バンコクから近いので、アクセスはいいのですが、波が立つことがないため、おすすめできるエリアではないのが現状です。
バンコクからサムイ島までのエリアもサーフィンは厳しいと思います。
このエリアは、リゾート地として有名ですが、サーフィンができるような波はたたないでしょう。
たまにサーフィンはできることがあありますが、風波なのでほとんどできない可能性が高いです。
しかし、サムイ島は海も綺麗で、ホテルも多く存在していて、サーフィンでなく、ビーチリゾートとして訪れるのには最高ではございます。
結論、上記のことから、タイランド沿いでサーフィンすることは難しいでしょう。


タイのサーフポイントといえば、プーケット

タイ・プーケットでサーフトリップ_波乗りサーフィン_プーケットのビーチ

タイのサーフポイントといえば、プーケットが有名です。
プーケットもタイランド沿いに面していますが、西側のアンダマン海沿いは、エリアでサーフィンが可能で、未知の地もあります。
プーケット島の西部は、絶好のポイントです。
込み合うことなく、波を独り占めすることもできます。
誰も知らないサーフポイントが分かったら、あなたにとってとても素晴らしい旅になることでしょう。
波に乗れる時期としては、プーケットは、雨季(5月~10月)の時だけ波があり、今年は遅くまで波が残っています。
サーフショップで、ボードをレンタルできるのもgoodです。
多くのサーフポイントがあることから、初心者~上級者まで、サーファー達が海でサーフィンを楽しんでいます。


プーケット以外のサーフポイントは?

タイ・プーケットでサーフトリップ_波乗りサーフィン_女性サーファー

アンダマン沿いの、プーケットからミャンマー国境までに数多くの未開拓のサーフポイントがあります。
どこにあるのか、良く知られていないというのが現状です。
日本の未開拓ポイントが、ほとんどないと思われているのに対して、初乗りできるような特別の波を探索できるエリアになっています。
プーケットのサーフポイントには、人が多く集まるが、このポイントであれば少人数で波が良いという利点があります。
日本で言うところの湘南といえるかもしれません。
千葉の方が波がいいにも限らず、行き来しやすい湘南の方に人が集まってくるのです。
行くことが簡単で、波の情報などもあるので、多少波が悪くても、皆プーケットでサーフィンすことが一般的になっています。
このように、人が少ない穴場もあるので行ってみて一人や少人数で満喫するのもいいでしょう。


まとめ

タイ・プーケットでサーフトリップ_波乗りサーフィン_夜のプーケットの海の風景

タイ・バンコクでのサーフトリップ【波乗り・サーフィン】について、ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

  • 結論
    • タイでのサーフィンには、「プーケット」がおすすめ

タイには、多くの人が集まるサーフポイントから、誰も知らないような穴場まで沢山のポイントがございます。
是非、タイの波も経験して、楽しんでみてくささい。日本や他国とはまた違った波が楽しめることだと思います。