危険?!ゴルフボールダイバーは変わった仕事で超高収入【マニアックで稼げるがリスクあり】

危険?!ゴルフボールダイバーは変わった仕事で超高収入【マニアックで稼げるがリスクあり】

池に落ちたゴルフボールを拾うプロがいる(ロストボール回収)

ゴルフボールダイバー_ゴルフ場の池

ゴルファーがプレー中に誤って池にボールを打ち込んでしまうことがあります。水面が浅くボールの行方が目視で可能ならば自分で回収できます。しかし、陸地からボールの位置がわからなければ回収を諦めざるを得ません。プレイヤーに代わりこのボールを拾う業務を担っているのがゴルフボールダイバーと呼ばれる方々です。彼らは池に落ちたボールを拾って販売することで利益を得ています。あまりなじみのない変わった職業ですがその詳細を見ていきます。


ゴルフボール拾いは、「ダイバーの経験」が求められる仕事

ゴルフボールダイバー_ダイビング

作業員はお客さんがいない時間帯に池に潜ります。その際ダイバーのように酸素ボンベを使用します。その理由は、池が3~10メートルと深く水が濁っていて視界が確保できないためです。業務は3人1組で行い1人は万が一に備えて陸で待機します。ダイバーは自分の位置がわかるように目印と無線を装着します。単に水の中に入るのでなく命の危険があることを十分意識していることが伺えます。また、冬は氷を割って潜ることもあるため、体力がないと務まらない仕事です。
作業後は、池の水深や構造のほかボールが多く落ちている個所を記録します。これらのデータによって、次に同じ場所で作業するときにボールが多く落ちている場所を特定しやすくします。
拾ったボールは、汚れていることが多いため機械で洗浄します。きれいになったボールを小売店やインターネット上で販売します。
ゴルフボールダイバーという資格はありませんが、ほとんどのケースで潜水士の資格が必要です。企業の求人欄にはダイバーの経験があることが望ましいと記載されているところもあります。


年収1000万円稼ぐ者もいる

ゴルフボールダイバー_大量の海外のお金

ゴルフボールダイバーが、1回の作業で池1か所から集めるボールはおよそ5千個です。彼らの中には年収で1,000万円以上の超高収入を得ている人もいるといわれています。
一度水につかったボールはロストボールと言われ通常のものと比べ性能が落ちるためプロは使用しません。しかし、頻繁にボールを失くす可能性がある初心者にはお勧めです。ゴルフボール1個の価格は500~800円ですが、ロストボールは1個50~1000円と半額以下で購入できます。初心者がボールを失くす度に購入していては経済的な負担が重くなってしまいます。しかし、価格の安いロストボールを使用していればその負担を減らすことができます。1回の作業で相当数のボールを回収できてそのボールにニーズがあることが、彼らに利益を手にできる要因になっています。また、ウェブ上で販売する場合は人件費や店舗運営などの固定費が必要ないため利幅が大きくなります。
ちなみに、池に落ちたボールの所有権はプレイヤーにあります。しかし、ゴルファーがボールを拾わずにその場を去った場合に所有権がゴルフ場に移ります。ダイバーはゴルフ場の許可を得てボールを拾っています。素人が無断で池に入ってボールを取った場合は窃盗罪に該当されるので注意が必要です。


たくさん稼げるという良い面ばかり見てはいけない

ゴルフボールダイバー_リスクのある仕事

短時間で高額なお金を手にできるというメリットだけを見てはいけません。例えば、海外のゴルフ場の池にはワニや蛇が生息しているため、命を落とす危険性があります。日本の池にワニが潜んでいる可能性は少ないですが、衛生環境の悪い池に一定の時間帯入るという行為は健康面での不安もあります。
また日本のゴルフ人口は減少しています。レジャー白書2019によると、日本のゴルフ人口は3年連続で700万人割れとなりました。さらにプレイヤーの高齢化が進んでいる中で若年層でゴルフに親しむ人の数字は上昇していません。つまり、今の主要な顧客層がプレーから離れた場合、ゴルフ人口はさらに落ち込むことになります。
安全面や健康面のリスクだけでなく、これからも今までと同じように稼ぐことができる仕事であるかを考えなければなりません。


まとめ

ゴルフボールダイバー_ゴルフボール

プレイヤーが池に誤って落としたボールを拾うゴルフダイバーという仕事はあまりなじみがありません。特別な資格はありませんが、海に潜った経験のあるダイバーが作業を行います。彼らは短時間で相当数のゴルフボールを拾い、使える状態にして再度お客さんに販売します。ボールの品質が良くないですが、頻繁にボールを失くす初心者のニーズによって利益が生じます。たくさん稼ぎたいという願望がある人の中には、すぐにでも作業したいという思いにとらわれるかもしれません。しかし、事故と隣りあわせの状況で仕事をすることやゴルフ人口が今後減っていくことなどを考慮しなければならないと思います。。