婚約指輪と結婚指輪のルーツ【意外と知られていない指輪を贈る意味や由来】

婚約指輪と結婚指輪のルーツ【意外と知られていない指輪を贈る意味や由来】

そもそも婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

婚約指輪_美しくて綺麗

婚約指輪(エンゲージメントリング)は、男性が婚約の記念として贈られる指輪のことです。
つまり、相手にとって男性に贈られる永遠の愛の象徴ともいえるのです。
一般的には多くの場合プロポーズの前に男性が選びプロポーズの際に相手に渡しますが、最近では、プロポーズの後に二人で指輪を決めることもあります。
特に指輪のデザインなどにこだわりがある女性なら、そのほうがいいかもしれません。
結婚指輪は華やかなデザインが多いため、結婚後に日常的に身に着ける人は少ないようです。
また結婚指輪は結婚の記念に交換するものでこれは二人で用意するのが常識で、代金も折半したりお互いにプレゼントしたりするなどカップルにより様々なようです。


婚約指輪と結婚指輪のルーツとその歴史

結婚指輪_美しい

婚約の時に、指輪を送る習慣は古代ローマの時代から存在していたといわれるようで、紀元前三世紀のころにはすでに男性が女性に婚約の証として送られていたようです。
古代ローマにおいてお互いに鉄の指輪をはめる習慣があり、これは二世紀頃には金の指輪が作られ、恋人同士の愛の証として使われるようになりました。
結婚指輪の由来は紀元前三千年頃の古代エジプトと言われており、古代エジプトで指輪が永遠を示す装飾品であることから、結婚儀礼として用いられていたようです。
これらの文化は日本において明治時代に文明開化が起きたころに伝わったようですがあまり文化としては定着せず、第二次世界大戦の後の西洋化にともない、広まっていきました。


なぜ、婚約指輪(エンゲージメントリング)を贈るのか。その理由とは?

婚約指輪_エンゲージメントリング_贈る理由

そもそもなぜ婚約指輪を送るのでしょうか。
それは婚約指輪を贈るという文化が古代から存在したというのも先ほど述べたようにありますが、
やはり婚約というものが二人の永遠の愛の絆を証明し、
例え何十年も共に生活したとしても互いに愛を永遠に確認しあえる、
ある意味証明として夫婦の絆を可視化させるために贈るものではないでしょうか。

そして、女性にとって、婚約指輪をつけるということは周りに一生に一度だけ愛する人をみつけたということを特別な方法で表現するための特別な意味の込められた指輪となるはずです。
つまり、婚約指輪を贈るということは生涯の愛を表現するという大切な意味を持っているのです。


なぜ、結婚指輪を贈るのか。その理由とは?

結婚指輪_贈る理由

婚約指輪は男性が女性に贈るものでしたが先ほど述べたように結婚指輪は互いに交換し合うのが常識です。
つまり、婚約指輪には、サプライズ的な一面があるのに対し、結婚指輪は互いに同じものを身につけることで、
二人のたがいの愛の誓いの証明であると同時に既婚者であることを周りに知らせるための印でもあるといえるでしょう。

また、結婚指輪は婚約指輪と異なり常に身に着けるので互いに共通項としてお互いの存在と初心を思い出し、
互いに忘れかけていたこともう一度思い出させてくれる大切な約束の品だといえます。


まとめ

結婚指輪_婚約指輪

今回婚約指輪(エンゲージメントリング)と結婚指輪について解説させていただきましたが、
おそらく少なからず改めて婚約指輪と結婚指輪の持つそれぞれの意味について初めて知ることもあったと思います。

何よりも大切なのは、指輪の値段や高価な宝石ではなく互いに愛を誓いあい常に確認しあうことではないかと考えました。
つまり、あくまでも婚約指輪と結婚指輪は愛を確認するための道具にしか過ぎないということです。
そもそも、プロポーズというものは人生の中で最も大きな決断ともいえるでしょう。

おそらく互いに愛を感じているのならば女性はどのような指輪でも思い出に残るはずですし、
やはり婚約指輪(エンゲージメントリング)はあくまでも花のようなものにすぎないのです。
結婚指輪も互いの絆の糸を可視化した指輪の過ぎません。

最後に・・・
互いに愛しているのならば「物ではなく絆で」、心身ともに強く結ばれてこそ、真実の愛と呼べるでしょう。