フランス人は食べても太らない【パリジェンヌの生活習慣と食生活】

フランス人は食べても太らない【パリジェンヌの生活習慣と食生活】

パリジェンヌの細く美しい身体には理由がある?

フランス人は食べても太らない_生活習慣と食生活_細くてきれいなフランス人

フランスのパリジェンヌといえば細くて綺麗なイメージがある人が多いと思います。
それと同時にフランスではお肉やチーズ、ワインなどを多く嗜むイメージもあることからパリジェンヌは太らないことを不思議に感じる人もいるようです。

今回はそのパリジェンヌが太らない理由について探っていきます。
果たしてパリジェンヌの美しさにはフランスならではの秘密があるのでしょうか?


食べ方がそもそも違う?パリジェンヌの食生活

フランス人は食べても太らない_生活習慣と食生活_パリのエッフェル塔

最も気になるのがパリジェンヌがどのような食生活をしているかというものです。
実は、あんなに美味しいものばかり食べているのに……というのはイメージの部分が大きくなっています。

3食の食べ方

フランス人の食事は朝はシリアルやパンなど軽く済ませることが多く、お昼についてもサンドイッチなどの軽食で済ませるのが普通であるようです。
なので、実際にたくさん食べる時間は夕飯がほとんどであり、そこで初めて他の国がイメージするようなフレンチを頂くことになります。

バランスの良い食事

そんなフレンチは家でもコースのように前菜、メイン、デザートという組み合わせで食べられます。
そして、このフレンチはメインだけを見るとお肉やチーズといったカロリーの高いものに見えますが、前菜できちんと野菜を取っていることから食事のバランスとしてはむしろ良いものになっています。
デザートについては砂糖を使わないものが多く、ここでも余計なカロリーが抑えられています。
つまりは一見すると、美味しいものばかり食べていることが、実は健康にいい食事法であるということなのです。

長時間の食事

フランスの食事は家族で談笑しながら1時間~2時間をかけてゆっくりと食べるものです。
そのようにしていると、満腹中枢を貯めながら食事をすることになるので、結果として余計に食べなくても満足できるようになります。
フランス人として習慣が健康に繋がっていることもあるのです。


自然と動いている?パリジェンヌの生活習慣

フランス人は食べても太らない_生活習慣と食生活_フランス人バレリーナのきれいな細い足

食事以外でもパリジェンヌのスタイルを保つ要素が生活習慣の中に潜んでいます。

それはフランス人がよく歩いて行動することです。
フランス人が歩く理由としては電車やバスの遅延が多いことから歩いているというところもありますが、そもそもとしてフランス人が歩くことをそれほど苦であると思っていないのです。
日常生活のちょっとした移動やどこかに旅行へ行った際の観光でも歩きを選択しているので、自然と身体を動かしていけることになります。


少し特殊な理由のパリジェンヌの太らなさ

フランス人は食べても太らない_生活習慣と食生活_美人なフランス人

ここまでは一般的なパリジェンヌが太らない理由を見ていきましたが、最後に少し特殊な太らない理由を見ていきます。
これにあたる人ばかりではありませんが、フランスだからこそ当てはまる人も中にはいるのです。

食への関心がない

フランスの中でも貧富の格差は存在するもので、全ての人が豊かな生活をしているわけはありません。
そのことから食への関心が薄く、そもそも食べることを最低限しか行わない人もいるのです。
これは他の国でも起こり得る話ですが、フランス人は貧富の格差の自覚がある人が多いという理由もあります。

ベジタリアンである

宗教上の理由として動物を食べられないという人がフランス内にも一定数おり、それを理由に痩せているフランス人もいます。
また、宗教以外でも自らの美しさを保つために野菜や果物しか摂取しないという人もいます。
周りが太らないパリジェンヌばかりであれば、その中でもっとスタイルを良くしたいという感情が出てきてしまうのです。


まとめ

フランス人は食べても太らない_生活習慣と食生活_フランス国旗

今回のパリジェンヌが太らない理由についてまとめます。

  • パリジェンヌは夕食以外は控えめで、その夕食も時間が長くバランスの良い食事をしている
  • パリジェンヌは日常的に歩きで行動するため、自然と動けている
  • 貧富の格差やベジタリアンであることが理由の人もいる

前提として日本人とフランス人の体質の違いはありますが、基本はバランスの良い食事と運動がパリジェンヌの太らない理由になっていました。
全てを真似するのは難しいですが、健康のため参考できるところは真似してみてください。