甘い香りが特徴のベトナムコーヒー【飲み方・淹れ方・お土産】

甘い香りが特徴のベトナムコーヒー【飲み方・淹れ方・お土産】

甘さと苦味の絶妙な融合!ベトナムコーヒーの楽しみ方

ベトナムコーヒー_本場

ベトナムは実はコーヒー大国。
スーパーのコーヒー売り場には数え切れないほどの種類のコーヒーが売られており、初めてみたときは圧倒されます。
そんなベトナムで愛される「ベトナムコーヒー」はご存知でしょうか?
深くローストしたコーヒーの苦味とたっぷり加えた練乳の甘味が絶妙に混ざり合った、一度飲むと忘れられない美味しい飲み物なんです。

ベトナム旅行でハマってしまい、専用器具を買って帰国する人も珍しくないほど魅力的なベトナムコーヒー。
本記事ではそんなベトナムコーヒーの特徴と飲み方から、自宅での美味しい淹れ方、そしてお土産にもぴったりな定番インスタント商品までご紹介します。
ベトナム文化に興味がある方、これからベトナム旅行を計画中の方はぜひ読んでその魅力に触れてみてください。


ベトナムコーヒーの特徴とは?練乳たっぷりの甘く美味しいコーヒー

ベトナムコーヒー_現地

ベトナムコーヒーの最大の特徴は、何と言ってもたっぷりとコーヒーに加えられた練乳。
そのたっぷりとした量とした甘さは、普段日本人が飲んでいるコーヒーのイメージをガラッと変えてしまうほどです。
そんな練乳に合わせるコーヒーは「ロブスタ種」と呼ばれる、苦味と渋みが強めな豆。
芳香な甘い香りも特徴です。
ベトナムコーヒーは、ロブスタ種を深くローストしたコーヒーの苦味とこっくりとした練乳の甘さのベストマッチを楽しめます。

地元の人たちは、食事を済ました後にこのベトナムコーヒーをチビチビと少しずつ飲みながら会話を楽しみます。
ベトナムの街を歩くと、至る所でコーヒーを片手にゆったりと時間を過ごす人々がみられます。
人々の日常の中にあるリラックスドリンク、それがベトナムコーヒーです。


食後のひとときにぴったり!ベトナムコーヒーの淹れ方

ベトナムコーヒーは自宅でも淹れることができます。
特別な道具は、ベトナムコーヒー用のアルミフィルターのみ。なければペーパーフィルターでも十分に美味しく淹れられますよ。

  • <準備するもの・材料>
    ・アルミフィルター
    ・グラスやマグカップ
    ・深煎りのコーヒー豆
    ・コンデンスミルク
    ・お湯
  • <手順>
    1.グラスまたはカップにコンデンスミルクをティースプーン3杯入れる
    2.中ふたを外したフィルターにスプーン3杯のコーヒー粉を入れる
    3.フィルターをグラスの上に置き、中ふたをセットしてネジを締める
    4.お湯を少量注ぎ、ふたをして30秒蒸らす
    5.ふたを外し、フィルター上部までお湯を注ぐ
    6.コーヒーが落ちるまで数分待つ
    7.コンデンスミルクとコーヒーをよく混ぜて出来上がり

中ふたのネジの締め加減でコーヒーの落ちるスピードが調整でき、きつく締めるほどゆっくりと抽出が行われ濃いコーヒーになります。
コーヒーを落とすのに数分の時間を要しますが、香りを楽しみながら出来上がりと待つのもベトナムコーヒーの醍醐味。
こういった面も食後のまったりとした時間にぴったりです。
少し濃いめに淹れて氷を淹れたらアイスベトナムコーヒーにも。暑い夏にはこちらもおすすめです。


お湯を注ぐだけで本場の味!お土産にもおすすめなベトナムコーヒー

日本の家族や友人にもベトナムコーヒーの美味しさを伝えたい!
そんな時にぴったりなのが、お湯を注ぐだけで出来上がるインスタントのベトナムコーヒー粉です。
お土産屋さんでなくても、スーパーマーケットにもたくさんの種類が売られていますよ。
いろいろなメーカーのものを買って帰って、詰め合わせにして渡すのも楽しそうです。
困ったら選んでおけば間違いない、おすすめのコーヒーをご紹介します。

  • G7の「3 in 1」
    ベトナムのコーヒーメーカーといえばG7という定番中の定番です。
    3 in 1はコーヒー、砂糖、ミルク全てが入っているという意味で、お湯を注ぐだけでベストバランスのベトナムコーヒーが楽しめます。
  • HatAの「Coconut Coffee」
    ベトナムコーヒーにココナッツのフレーバーをプラス。
    ホーチミンでは今ココナッツコーヒーを飲めるカフェが人気で、トレンドの味を手軽に味わえます。
  • ネスカフェの「Cafe Viet」
    日本でもおなじみのネスカフェが販売するベトナムコーヒーです。
    大手メーカーらしいバランスのとれた味わいが人気。

どのコーヒーも2袋使用して氷を入れればアイスコーヒーも簡単に出来上がります。
手軽にベトナムコーヒーの味を知ってもらうにはインスタントが一番。
もしかしたらお土産がきっかけで本場のベトナムコーヒーを飲みにベトナムへ…なんて誰かの旅行のきっかけになるかもしれませんね。


まとめ

ベトナムコーヒー_自宅で飲む

最近日本でもベトナムコーヒーを飲めるカフェが登場してきました。
香り高いコーヒーの苦味とスイーツのような甘みが共存する、美味しいドリンク。
もしかしたら次のトレンドアイテムになるかもしれませんね。

自宅でももちろん楽しめるベトナムコーヒー。
ゆっくりと時間をかけて淹れたコーヒーを片手に会話を楽しむ、ベトナム流の昼下がりを休日のお楽しみとして取り入れてみるのも楽しそうです。
この記事を読んで少しでもベトナムコーヒーに興味が湧いた方は、ぜひこの機会に飲んでみてください。