ビジネスキャンプとは何か?旅行によって人の性格・マインドは変化を遂げる

ビジネスキャンプとは何か?旅行によって人の性格・マインドは変化を遂げる

研修として使われ始めるビジネスキャンプとは?

ビジネスキャンプ_みんなで研修

新人教育や研修としてビジネスキャンプというものが使われ始めていることをご存知でしょうか?

文字だけ見るとレクリエーションとしての側面を強く感じる名前をしていますが、会議室ではない空間での研修が普段とは異なるアイデアや仲間との関わり方を作っていくと言われているのです。

では、具体的にはどのような効果が出てくるのでしょうか?

この記事ではそんなビジネスキャンプについて紹介していきます。


ビジネスキャンプの具体的な内容例

ビジネスキャンプは2日間以上をかけて行われるものとされています。

内容としては、研修を行う会社の希望によって異なりますが、ベースはキャンプをしながら進めていくものです。

もちろん、研修として間にオリエンテーションはしっかりと行いますが、その場所がテントや自然の見える野外であったりします。

オフィスとは違う外の空間と共同作業を行うことで、普段と違う空気と雰囲気を作ることができるのです。

テント設営

ビジネスキャンプではキャンプを中心に行うことから、それに必要な準備から始まるものです。

テント作りはそれぞれ役割分担を行いながら組み立てていき、やり方を知らない場合は一人が聞いて全体に伝えるなど少しゲーム性を持たせたものなっています。

夕方から翌朝にかけての朝食

会社での研修はホテルなどで作られたものを食べることが多いですが、ビジネスキャンプの場合は調理から片づけまで参加者全員でやるものです。

食事の場は仕事とは関係なく話をできますが、その前後もコミュニケーションを取ることでより円滑な関係を築き上げます。


ビジネスキャンプと通常の研修の大きな違い

ビジネスキャンプと通常の研修は場所が屋外か屋内かという違いはわかりやすいものです。

ただ、それ以外にも参加者が感じる中で大きな違いがあります。

リラックスした雰囲気で行われる

自然に囲まれた解放的な空間は非常にリラックスできるもので、普段のオフィスでの固まった雰囲気を緩和してくれるものです。

また、キャンプが中心となることで、娯楽性のある中での研修ができるので、参加者自身も程よく緊張を解きながらオリエンテーションをすることができます。

本音で話がしやすい

テント設営や食事の準備の中では協力をしつつ、会社よりも近い距離間で話ができるものです。

それ以外の場でも話し合いをするタイミングは何回もあり、リラックスしながらの会話は上下関係を越えて意見の交換がしやすくなります。

普段は話しづらいと感じる人も様々な活動を通じて自然と喋りやすくなる効果が期待できるのです。


実際に得られるビジネスキャンプの成果

ビジネスキャンプ_意見を出し合う

最も気になるのは実際にビジネスキャンプを体験した場合に得られる成果です。

自然の中でキャンプをすることはどんな付加価値をもたらすのでしょうか?

コミュニケーションがしやすくなった

作業を協力して行ったり、近い距離間で話をしたことでビジネスキャンプのコミュニケーションが円滑になったと感じる人は多くいます。

上下関係から意見を出しづらかったところが、お互いを知ったことで意見やアイデアを積極的に出せるようになった会社もあるようです。

課題の解決に繋がった

上記のコミュニケーションが円滑になったことやビジネスキャンプ内で出た意見によって、会社の課題となっていた部分の解決に繋がったという会社もあります。

違う空気を入れることで思いつかなかったアイデアを出すことができることはありますが、それを会社全体で行えることがビジネスキャンプの強みの一つと言えます。

自分を見つめ直す機会になった

協力する場面が多いビジネスキャンプですが、その中で自分の事を話す機会もあるので、それによって自分を見つめ直すきっかけになるという人もいます。

会社では改めて自分の事を話す機会は少ないことからビジネスキャンプが良い働きかけになることも多いものです。


まとめ

ビジネスキャンプ_ノートPC

最後にビジネスキャンプについてまとめていきます。

  • ビジネスキャンプではテント設営や食事の準備・片づけなどキャンプを交えた研修をする
  • 通常の研修とは違い、自然の中のリラックスした雰囲気があり、本音で話しやすい
  • ビジネスキャンプによって円滑なコミュニケーションや問題の解決が見込める

風通しの良い会社作りの一環として使われるのにはこのような理由がありました。

これからも様々な会社で行われる可能性が高いものとして注目の研修です。