電車の混雑度 「乗車率200%」の実態【東京都内通勤ラッシュ時の満員電車が異常】

電車の混雑度 「乗車率200%」の実態【東京都内通勤ラッシュ時の満員電車が異常】

東京の通勤ラッシュは異常?通勤ラッシュ時の満員電車とは

乗車率_満員電車_混雑するホーム

東京は経済の中心地といわれ、多くの人が働いています。
また学校なども多くあるため学生も非常に多いです。
特に業務開始前や登校時間の重なる8時ごろは通勤ラッシュといわれ非常に混雑するようです。
また天候不順などによりより一層混雑することがあります。
日本の満員電車は混雑しすぎて電車内で息苦しくなる人もいるほど混雑しているようです。
また日本の電車の混雑率は199パーセントといわれ約200パーセントとなっています。
他の先進国からは日本の満員電車を見て驚かれることが多く、日本の満員電車の異常さがわかります。
ほかにも海外でも満員電車というのは存在するのですがその時間帯は短く、日本のように駅員が客を押し込むようなことはあり得ないのです。


海外と日本の満員電車の違いとは?海外の満員電車への対応

日本と海外では満員電車の混雑率は桁違いです。
また混雑している時間帯も海外の方が短く、日本のように朝夕共に混雑することはほぼないです。
では海外と日本ではなぜここまで差が出るのでしょうか。
その一つの理由に関東に人口と企業が集中していることがあげられます。
東京圏には非常に高層ビルが多くたくさんの会社が東京に集中しているのでたくさんの人が公共交通機関を使用するためです。
海外では地方分散を行っているためそのようなことが起こりにくいです。
また海外では、自動車専用道路などがあり交通整理がされておりガレージがたくさんあることも理由の一つです。
ほかにもワークスタイルが異なり海外ではやることをやればいいので特に出勤時間が定められている職種というのは少ないです。


日本の満員電車に対する対応と満員電車の問題点

乗車率_満員電車_ぎゅうぎゅう

海外では様々な工夫がなされているのがわかりました。
では日本ではどのような工夫がこなされているのでしょうか。
工夫の一つとして電車の本数を増やすというのがあります。
特に通勤ラッシュ時には2分に一回電車が来ることがあります。
ほかには車両数を増やすなどもあります。
よく見るのは6両編成などですが通勤ラッシュ時には15両編成の電車などがあります。
ほかには鉄道の増線などがあります。
また満員電車には問題点が数多く存在します。
例えば痴漢冤罪などや安全性が保障できないなどがありこれからも改善する必要があります。


実は満員電車は無くなってきている?

乗車率_満員電車_つり革

昔から満員電車は無くなっていないなど言われていますが実際は無くなってきており、
例えば名古屋圏や大阪圏などでは200パーセント近い混雑率が140パーセント程度に下がってきています。
この背景には各鉄道会社の上記のような工夫や政府が働きかける地方分散などが関係しているといえます。
また、少子高齢化による働く世代の減少、学生の減少も理由の一つでユーザーがこれから徐々に減少していくのでより、
これから満員電車における混雑率は下がっていくといえるでしょう。
ほかには環状線などによる逆方向通勤などが可能になっていることからもこれからより下がっていくでしょう。
そのほかにも混雑度のわかるアプリなどインターネットを用いてアラートすることで時間帯を変え、
通勤する人などが増えているのも理由の一つです。


まとめ

乗車率_満員電車_混雑

では今回の内容を簡単にまとめます。
1.特に業務開始前や登校時間の重なる8時ごろは通勤ラッシュといわれ非常に混雑する
この時間帯は東京近郊に住む人が働きに出てくるので非常に混雑します。
2.日本と海外では満員電車の混雑率は桁違い
海外ではワークライフの違いなどからあまり公共交通機関が混雑せず日本とは大違いです。
3.満員電車は無くなってきている
満員電車は各鉄道会社の努力により無くなり始めています。
また少子高齢化の影響もあります。
最後に満員電車を避ける方法などをご紹介しました。
満員電車に悩まれている方は使ってみてください。